前に一歩

最近、チャレンジしたいことが見つかりました。

それは、マラソン。

短い距離からでいいから、マラソンを始めたいと思うようになりました。
なんだろなー。
前に進みたい願望かなー。


年配のかたがマラソンをしてるのを
今までは遠くから見てただけだけど
今は、参加してみたいです。


まずは、3~5キロからかなー。


私も年を取ったなぁー。(笑)




タッチとは、あれから1回だけ見かけました。
私は徒歩、タッチは車を運転してました。

ふと車のナンバーをみたら、
タッチ夫婦と私達夫婦の入籍記念日と同じナンバー。
もしかして思い、運転手をみたら、
タッチでした。


ほんの一瞬だったから、
タッチの顔は、よく見えませんでした。


でも、それ以降は一度も見かけません。
当たり前か。(笑)

タッチはタッチの人生を歩んでいるし
私は私の人生を歩んでいるし、
もう遭遇するのは、あと数回あるかないかだと思います。

でも、それでいいの。

私がタッチを好きだった時間は本当に輝いていたから。

お互い違う道を歩むって、決めたから。
スポンサーサイト

もうそろそろ

本当に彼から卒業かなぁー。

タッチと出会ったのは、いまから約6年前。
ずっとずっと彼が好きで好きでたまらなかったけど、
いよいよ
彼から卒業する日がきたみたい。


もう3年半も会えないし
さすがに片想いすることに疲れてきちゃったかなー。

この6年の間にいろんな出来事があった。

彼は結婚、転勤、そして3人の
子宝に恵まれた。

私は仕事を本格的に始めた。

お互い交ざりあうことのない人生を歩まなきゃいけないって、
頭では解っていても
現実を受け止めず逃げてきた。


でも、ようやく今受け止めつつあります。


もちろん、誰かを好きになったりしてません。

でも憧れの人はできたかな。(笑)
もちろん芸能人。
かっこよすぎて、
今からはその人のファンクラブに入会して
旦那と追っかけをしようかと思います。

もちろん、その人に会うには、お金払わないと会えません。
それでも、いいと思えるくらい
本当にかっこいい人です。
好きというより、
外見がかっこいいと思う。

しばらくはタッチを忘れられるくらい
その人の追っかけをしたいと思います。

彼が私の街に引っ越してきた。

タッチにあえなくなって3年半。
彼が私の住む近所に引っ越してきた。

今日会社で、
彼の名字を見つけて、
まさか!!!と思い、書類を確認してたら、
彼が私の住む団地から徒歩5分の団地の引っ越してきたことが判明。

正直、ドキッと心がざわめいた。

会えないと思った人が近所に住んでるだけでも嬉しいのに、
もしかしたらまた再会できる可能性の高いわけでで。

素直に涙がこぼれるほど、うれしかった。
会いたくても会えなくて、
でもストーカーみたいなことしたくないから、
彼がどんな状況なのか知らないようにしてた。


スーパーで買い物してたら彼に遭遇できるかもと思うだけで
ドキドキして、嬉しくてたまらない。

彼のことが遠い思い出になりつつあったのに
私の想いは、もう少し続きそうです。

近況

最近、また彼のことを考える時間が少なくなったけれど、
でも、一日1回は自然に彼の名前をつぶやいてしまいます。

タッチ、元気にしてますか。
もう3年半も会えていませんね。


先日、昼顔の映画版を見てきました。

ドラマから数年後の様子だったけど、
最後は、北野先生が、事故死してしまいます。

奥さんが北野先生と別れたくて、嫉妬に狂い、
崖から転落死。
奇跡的にも、奥さんの命は助かります。

映画を鑑賞していて、
嫉妬に狂う奥さんの気持ちが痛いほど伝わってきました。

ドラマでは、主人公のさわちゃんの気持ちが痛いほど解るから、
一人で涙をこぼして見てました。
 一緒にいるだけが愛じゃない。
 相手の幸せを願う愛もある という北野先生のセリフは本当だな~と思いました。



そして今回の映画版では、北野先生の奥さんの気持ちがすごく共感できるから、
ほかの女に渡すぐらいなら、殺してやりたいって気持ちがすごくわかるから
衝撃なラストに涙しました。
私が、さわだったら、たぶん追っかけて死にたいかも。
でも、さわには、新しい命が宿っていたので、
自殺は寸止めで終わる展開で、幕が下りました。



たしか、私がタッチを好きになったとき、
星の王子さまの言葉で、 たいせつなものは目には見えない。っていう言葉を
いつも胸に置いていた。

私にとっての大切なもの・・・それはやっぱり息子達です。

そして、今、タッチが、3児の子供に恵まれ、
仕事と子育てを頑張ってる姿を想像すると、これでよかったのだと思います。

やっぱり好きな人には、幸せになってほしいから。






おんなの嫉妬  -番外編 2-

毒吐きます。
女って、なんでこんなに嫉妬に狂うんだろう。

息子らが、高校受験に伴い、夏期講習だけ大手塾に通わせることにした。
(それも無料の夏期講習)
塾に通わせた理由は、だた一つ。
夏休みは学校の宿題もなく、時間が余ってるので、
生活リズムを変えさせなく、
24時間を有意義に使わせるためです。

別に塾で勉強を習おうとか、高得点を取らせるとか、そういうことは、我が家にとってはどうでもいい。
ただ、自習室が使え、周りの子の様子も見れるので、ちょうどいいと思っただけなのだ。
案の定

息子2は、偏差値68~72の進学校クラスへ
息子1は、偏差値59~70のクラスへ




そしたら、ママ友は、また嫉妬。

ああー。めんどくさい。
嫉妬するぐらいなら、自分の子供を勉強させればいいだろう。


友達の子供は、某私立高校に通っているけど、
偏差値59程度。
国公立は若干名しか合格しない。
ほとんど子は私立の指定校推薦枠狙い。
裕福な子が多いらしいけど、
ちょっと頭が弱い子が多いようだ。




我が家は別に頭がいいからって、幸せになれるとは、考えていない。
ただ、自分の好きな職業で生きてほしいだけ。
どんなに偏差値の高い高校や有名大学を出ても、一緒。
自分のやりたいことができる職場で、楽しく働ければ、大学なんてどうでもいいのだ。

好きな職業に就かせてやりたいと思うから、
大学受験に備え、中学に入学してから、英会話にも通わせた。
そのおかげで、クラスメートが聞こえない英語のヒアリングが
息子達には簡単らしく、
ゆっくりすぎるヒアリングらしい。



本当、子供の高校大学で、戦わなければいけないんだろ。
本当、めんどくさい。



息子のクラスメートも同じ無料の夏期講習に通っているが
彼もまたとても優秀なのだ。
彼も、息子同様、夏期講習だけの受講らしい。(笑)

結局、塾で勉強しようが、自宅で勉強しようが、同じなんだよ。

あぁー。女の嫉妬って、めんどくさい。








sidetitleプロフィールsidetitle

楓

Author:楓
結婚して子供もいるのに、
独身の彼に恋をしてしまった。
両想いなのに
お互いの立場を考え、
プラトニックな関係を選択しました
実ることのない人生最後の恋日記です。

sidetitle月と星と妖精ダストのブログパーツsidetitle

特別な日には流れ星が降ります

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる